パロはブータンと海外をつなぐ玄関口となり、唯一の国際空港があります。豊かな文化をもち、辺りに広がる水田や畑が美しい景色をつくりだしています。北部にはブータンの代表的な高峰チョモラリ(7,314m)がそびえ立ち、その氷河の水が谷地のパロ川(パロ・チュ)を形成しています。パロ川は、地元で生産される赤米などの穀物を作る水源となっています。そのため、パロは国内でも最も肥沃な谷地の一つとされています。
 いくつもの神話や伝説が存在し、最古の寺院を含め多数の寺院があり、ブータンで観光客に1番人気は、小さいながら威厳をもって絶壁に建つタクツァン僧院です。また、パロ・ゾン、ブータン国立博物館、古刹キチュラカン、ブータンの農業に多大な貢献をした日本人ダショー西岡京治氏の記念仏塔、記念資料館、農家見学などが見所となっています。

パロの主な観光名所
 パロ・ゾン(Paro Dzong / パロ城塞)
 ブータンで最初の支配者である高僧シャブドゥン・ンガワン・ナムゲルによって1646年に建立されたゾンで別名リンプン・ゾンともいいます。このゾン(城塞)はパロ地区にある寺院の本部であり、地方行政区の県庁、パロ地方裁判所の役割を担っています。
 ゾンまでは、ネミ・ザムと呼ばれる伝統様式の屋根付きの橋でパロ川を渡ります。この橋の両側には、経文が書かれた五色の布(ルンタ)が括り付けられ、そよ風によって鮮やかな布が翻る様子はとても平和的で、穏やかな空気が漂っています。この橋を渡り、石畳の道を歩くとゾンの建築の素晴らしさが分かる光景が広がっています。春に一度のパロツェチュ祭の開催場所ともなっています。
パロ・ゾン / Paro Dzong / パロ城塞

パロ・ゾン / Paro Dzong / パロ城塞

詳細はこちら
タ・ゾン / Ta Dzong / タ城塞 / ブータン国立博物館

タ・ゾン / Ta Dzong / タ城塞 / ブータン国立博物館

詳細はこちら

socialize with us