インドより陸路でのブータンへの入国、またはブータンからインドへ出国する方の通過する町です。西部の南エリアにあるプンツォリン、東部の南エリアにあるサムドゥプ・ジョンカの2か所が主なルートとなります。他に中央の南エリアのゲレフ(Gelephu)よりインドとの行き来ができますが、旅行者の入国・出国として使うルートとしては一般的ではありません。中国からの陸路の入国、または中国への陸路の出国はできません。

プンツォリン( Phuentsholing )
プンツォリン・国境ゲート

 ブータン西部の南に位置し、インドのコルカタ、バグドグラなどからバスやタクシーでブータンの陸路入国を目指す方は、このブータンのプンツォリン(Phuentsholing)より入国します。インドの西ベンガル州のジャイゴンと接しており、ブータン人、インド人、ネパール人の違った民族と物資が行き交う魅力的な町です。インド国境の町であるため、人の出入りが非常に多い街です。ガイド、運転手とはこのゲートで待ち合わせとなりますが、前日にジャイゴンの宿泊施設にお泊まりの方は、その宿泊施設までお迎えに伺うこともできます。プンツォリンからティンプーまでは車で約4時間です。プンツォリンにはドゥルックホテル(Druk Hotel)などの高級ホテルもあり、旅行者向けのホテルが充実しています。また、このプンツォリンから出国の場合は、この国境ゲートまたはジャイゴンの宿泊施設まで見送りいたします。プンツォリンで観光の時間がある場合は、「ザント・ぺルリ寺院(Zangtho Pelri Lakhang)」、「カーバンディ・ゴンバ僧院(Kharbandi Goemba) 」などをご案内いたします。

サムドゥプ・ジョンカ( Samdrup Jongkhar )
サムドゥプ・ジョンカ・国境ゲート

 ブータンの東部の南に位置し、インドのゴハティ空港(GAU)より専用車で陸路よりこのブータンのサムドゥプ・ジョンカより入国します。ブータンへの東部のみを訪問される方や、西部から東部へブータンを横断しながら観光する方の通過するポイントとなります。ゴハティ空港からサムドゥプジョンカは、車で約3時間弱、サムドゥプジョンカから東部のタシガンまでは約7時間です。ゴハティ空港へのお出迎えは弊社のガイド、運転手と車がさせていただきます。このサムドゥプジョンカからの出国もできます。隣接するインドのアッサム州は、治安が悪いこともありますので、現地情報は弊社までご遠慮なくお問い合わせ下さい。

▲ このページのトップに戻る

socialize with us