ブータンのカフェ特集

 昨今、特にティンプーで増え始めた”ブータンのカフェ” 。本格的なコーヒー、カフェフードの他にブータンならではのメニューなど、食事も充実しているカフェが多くあります。ここでは、”弊社スタッフおすすめの” ご旅行でいらしたみなさまにもツアーの合間、自由散策の際にぜひ立ち寄っていただきたい「オシャレなカフェ」「地元スタイルのカフェ」をご紹介いたします。
 ※料金やメニューは予告なしで変更されている可能性もあります、目安程度にご参考下さいませ。掲載は2019年現在の情報です。

ブラスニカ(Brusnika)= ロシアン・カフェ&ベイカリー =

= 場所:ランジョパカ地区  予算:$$  金額:Nu80~700  メニュー:一般的なカフェドリンク&フード、ロシア(ティー、パンケーキ、ピロシキなど)、パスタ、スープ、サラダ、ローストチキン、ビーフストロガノフ、手羽先のグリル etc =

 国会議事堂を左手に北部方面を行ったランジョパカ地区にあるブータンでは珍しいロシアのフードが食べられるカフェ。ロシアンティー、パンケーキ、ピロシキなどのロシアメニューの他に、朝食、ランチ、ディナーのメニューが充実しています。カフェからは、タシチョゾンを眺められ、公園を見下ろすことができ、優雅なカフェタイムをお楽しみいただけます。カフェ内には、子どもが遊べるちょっとしたスペースもあり、また静かなまったりとした空間でソファに座りながら読書を楽しむこともできます。月曜日を除く朝9時からのオープンも近所に住む外国人にも嬉しいポイントです。

エム・ビストロ(M Bistro) 

= 場所:チャンガンカ地区  予算:$$  金額:Nu70~350  メニュー:一般的なカフェドリンク&フード、ブータン、インド、ワッフル(フルーツ&アイスクリーム、きのこ&チーズ、南インド風ブーフペッパー)、自分で具をチョイスできるサンドイッチ、手羽先マリネ、白身魚のフライ etc =

 ホテル「The Pema」に併設されている2019年オープンの、ランチタイムや休日には地元住民も多く集まるおしゃれな内装のカフェ。コーヒー、濃厚な蜂蜜付きのレモンティー、ケーキ、キッシュ、ワッフル、チキン、白身魚のフライなどの基本的なカフェフードの他に、エマダツィのキッシュなどブータンならでのはメニューがお手頃な料金で食べられます。その日の特別メニューでは、バーベキュー、餃子、インドのクレープ(ドーサ)などバラエティー豊かな日替わりメニューです。注文してすぐ出されるのも嬉しいポイントです。


socialize with us