ブータンの現地旅行会社【 ドゥルック・サクラ・ツアーズ 】です。
日本人スタッフが対応いたします。どうぞ日本語でお問い合わせ下さい。

 ブータンの首都であり、政治、宗教、商業の中枢です。独自の伝統を守りつつ、近代化が進む珍しい都市です。ティンプーでは、伝統様式を用いた建物に統一し、国家の個性をしっかりと維持しています。ブータンを象徴するゾンや寺院の他に、図書館、博物館、動物園、専門学校、映画館、銀行、娯楽施設などの都市化された施設も充実しています。外国人向けのレストランやホテルは数多くあり、旅行者に向けたサービスも充実しています。

 

① タシチョ・ゾン(Trashicchoe Dzong / タシチョ城塞)と国会議事堂(The national Assembly)
タシチョ・ゾン  当初1641年に建てられ、その後1955年にティンプーが正式な首都(それまでは、冬期間は温暖なプナカが首都)になったことで、1965年三代目国王時代に現在の荘厳なゾンへと改修されました。
 ゾン内部は四角い中庭を囲むようにして、政府関係と寺院関係の建物に分かれています。観光客がゾン内部を見学できる時間は、ゾンで勤務する公務員の仕事終了時間である5時(3月~10月)からと、4時(11月~2月)からと決まっています。
 ゾンの近くを流れるティンプー川の向こう岸には、国会議事堂があります。1994年にSAARC(南アジア地域協力連合)の会議開催場所として建てられたものです。現在は外務省などが入っており、この建物内で国会が開かれています。
威厳を保つタシチョ・ゾン

② メモリアル・チョルテン(Memorial Chorten / 記念仏塔)
 ブータンでは“近代国家の父”と呼ばれる3代目国王の栄誉を称え、1974年にチベット様式を用いて建てられた白亜の仏塔です。塗装や像には仏教観が施されています。
 朝早くから大きなマニ車を回す人や、仏塔の周りを、携帯用マニ車を手にしお経を唱えながら右回りに歩く人の姿が多く見られます。お参り中に知人に会い、立ち話をしている人々の光景もよく見られ、厳粛とよりは、平和的で和やかな雰囲気です。ぜひ訪ねた際はブータン人に混じって、お参りしてみてはいかがですか。お参りの後は、清清しい気持ちになることでしょう。
メモリアル・チョルテン
多くの人がお祈りに来る白亜の仏塔

③ シムトカ・ゾン(Simtokha Dzong / シムトカ城塞)
 ティンプー市街地から8km程離れたティンプー南部の高台に建立する17世紀のゾンです。1629年に高僧シャブドゥン・ンガワン・ナムゲルによって建てられ、ブータンでは最初のゾンと言われています。現在は僧徒たちの学びの場として使われています。

④ 国立図書館(National Library)
 ブータンの歴史を学ぶ上で欠かせない施設が国立図書館です。ここには歴史的な資料や書物や、多くの手書きのお経や古い経典などが所蔵されています。また、近代の学術本や経文旗(ダルシン)の版木なども展示されています。

⑤ ゾーリン・チュスム(Zorig Chusum / ペインティング学校)
ゾーリン・チュスム  “ペインティングスクール”として知られるこの機関は、チュスムとは「13」を意味し、ここでは13の学科に分かれ、学生たちが 仏像の彫刻や仏画などの伝統的な技法を学んでいます。最長6年かけて学んでいます。熱心に細かい作業をする学生たちの姿に感銘を受けることでしょう。このようなペインティングスクールは、ブータン国内では2箇所あり、もう1つはタシ・ヤンチェにあります。
ブータンの学生はとても熱心!

⑥ 伝統医療院(Traditional Medicine Institute)
 1978年に欧州の援助によって建てられたこの医療院は、伝統的な薬草による治療を行っています。特に化学的な医薬品を好まない年配のブータン人は、昔からの薬草による効果を実感しており、毎日多くの患者さんがこの機関を訪れています。またここでは、優秀な学生さんたちが薬草を使った医薬品や治療の研究をしています。

⑦ 民族博物館(Folk Heritage Museum)
 この博物館自体がブータンの一般的な農家を再現しています。ブータンの農家は各階にそれぞれの役割があり、日常生活で使われている道具などが各階に展示されています。伝統を重んじるブータン人の生活を垣間見ることができます。

⑧ ハンディクラフト・エンポリウム(Handicrafts Emporium / 手工芸専門店)
 メインストリート沿いにある織物や手工芸品の専門店です。品質が良く、お土産を買う旅行者に人気のお店です。手織りの生地で作ったペンケースやポーチなどの小物から、緻密なデザインで仕上げた高級な生地など、種類豊富に品物があります。

⑨ ウィークエンド・マーケット(Weekend Market / 週末市場)
 毎週土曜日と日曜日に開かれる市場で、野菜や果物が色鮮やかに並び、干し魚、肉、チーズなども売られています。ティンプー川岸にあるこの市場は、ティンプーの住民にとっては欠かせないものである上に、地方からも人々が買い物に来ます。ガゴを使っての量り売りは、日本人にとっては懐かしい風景となることでしょう。日本のように品物の種類は豊富ではありませんが、「この野菜、ブータンでも食べるんだ~」と、ついついうなずいてしまいます。市場をただ歩いて見て回るだけでもブータン人の食生活を知ることができるでしょう。また、橋を渡った川岸の向こう側には、衣料品などの生活用品が売られています。 週末市場
多くの種類が売られている市場

⑩ チャンガンカ・ラカン(Changangkha Lhakhang / チャンガンカ寺院)
 モティタン地区の南に位置するこの寺院は、ティンプー市街地を眺めるように高台に建てられています。 12世紀にチベットから来たパジョ・ドゥゴム・シクポによって建てられ、本尊には11面観音が置かれてあります。古刹から見るティンプーの眺めは他とは違う趣があることでしょう。

 

■■■ ティンプー近郊の観光名所 ■■■

⑪ タンゴ・ゴンバ(Tango Goemba / タンゴ僧院)
 創立は12世紀にラマ・ゲルワ・ラナンパによるもので、現在の建物は15世紀にラマ・ドゥクパ・クンレイによって建てられたものです。1616年高僧シャブドゥン・ンガワン・ナムゲルがこの寺を訪れ、近くの洞穴で瞑想しました。彼の瞑想は当時チベット軍の侵略からこの地を救ったと言われています。
 趣のある3重の塔と周りの建物は、18世紀8代目デシ・テンジン・ラブゲによって建てられ、19世紀にはシャブドゥン・ジグメ・チョゲルが金の屋根を取り付けました。

⑫ チェリ・ゴンバ(Cheri Goemba / チェリ僧院)
 タンゴ僧院の近くにあるこの僧院はシャブドゥン・ンガワン・ナムゲルが1620年に建てたもので、シャブドゥンの父の遺灰が寺院内部にある銀の仏塔に収められています。
 チェリ・ゴンバに行くには、標高2600mドデナから1時間半歩いた場所に位置しています。ティンプー川に架かる屋根付き橋を渡り、勾配がきつい斜面を登り到着します。

⑬ パジョディン・ゴンバ(Phajoding Goemba / パジョディン僧院)
 13世紀ブータンにドュルック・パカジュパ派を導入したシャチャ・リンチェンによって15世紀に建てられたものです。かつて大変豊かな僧院の1つでした。この僧院までは朝早くお弁当を持って、森林の中をハイキングを楽しみながら目指します。到着した僧院からはティンプーを一望でき、お薦めのハイキングコースです。

 

観光地一覧へ   前の観光地へ   次の観光地へ

▲ このページの先頭に戻る