ブータンの現地旅行会社【 ドゥルック・サクラ・ツアーズ 】です。
日本人スタッフが対応いたします。どうぞ日本語でお問い合わせ下さい。

 パロはブータンと海外をつなぐ玄関口となり、唯一の国際空港があります。豊かな文化をもち、辺りに広がる水田や畑が美しい景色をつくりだしています。北部にはブータンの代表的な高峰チョモラリ(7,314m)がそびえ立ち、その氷河の水が谷地のパロ川(パロ・チュ)を形成しています。パロ川は、地元で生産される赤米などの穀物を作る水源となっています。そのため、パロは国内でも最も肥沃な谷地の一つとされています。
 いくつもの神話や伝説が存在し、最古の寺院を含め多数の寺院があり、特に観光客に人気なのは、小さいながら威厳をもって絶壁に建つタクツァン僧院です。また、パロ・ゾン、ブータン国立博物館、農家見学などが見所となっています。

 

① パロ・ゾン(Paro Dzong / パロ城塞)
パロ・ゾン  ブータンで最初の支配者である高僧シャブドゥン・ンガワン・ナムゲルによって1646年に建立されたゾンで別名リンプン・ゾンともいいます。このゾン(城塞)はパロ地区にある寺院の本部であり、地方行政区の県庁、パロ地方裁判所の役割を担っています。
 ゾンまでは、ネミ・ザムと呼ばれる伝統様式の屋根付きの橋でパロ川を渡ります。この橋の両側には、経文が書かれた五色の布(ルンタ)が括り付けられ、そよ風によって鮮やかな布が翻る様子はとても平和的で、穏やかな空気が漂っています。この橋を渡り、石畳の道を歩くとゾンの建築の素晴らしさが分かる光景が広がっています。春に一度のパロツェチュ祭の開催場所ともなっています。
ツェチュ祭では多くの人で賑わうパロ・ゾン

② タ・ゾン(Ta Dzong / タ城塞 / ブータン国立博物館)
 パロ・ゾンの背後の丘に立つタ・ゾンは、17世紀、村同士の戦いが起こった際、パロ・ゾンを防御するために建てられた望楼です。そのため、タ・ゾンからはパロを一望することができます。1967年以来、国立博物館として機能しています。建物の壁には、17世紀当時の名残で銃口を差し込む穴が現在も見ることができます。博物館は円形を模した形となっており各階に美術品、遺物、武具、仏画の掛け軸、郵便切手などの多くのコレクションが展示されています。月曜、祝祭日が休館日です。 タ・ゾン
様々なコレクションが展示されているタ・ゾン

③ ドゥゲ・ゾン(Drukgyel Dzong / ドゥゲ城塞)
 チベットからの侵略に対する勝利を記念して、1646年にシャブドゥン・ンガワン・ナムゲルによって建てられたゾンです。戦略的、歴史的に重要建築物であり、1914年には米誌ナショナルジオグラフィックで特集されました。1951年の火災によって破壊されましたが、ドゥゲ・ゾンの栄光は今なお残っています。天気の良い日はこの谷から高峰チョモラリを望むことができます。

④ キチュ・ラカン(Kyichu Lhakhang / キチュ寺院)
 国内では最も古く、神聖な寺院の1つとされています。その昔、巨大な体を持つ悪魔が大地に大の字になると、胴体はチベットに、両足がパロとブムタンの地をそれぞれ覆うとされました。そこでその悪魔を退治する目的で両地に建立されたのが、パロではキチュ・ラカンです(ブムタンはジャンベ・ラカンです)。
キチュ・ラカンは2つの堂によって構成されています。1つの堂は7世紀チベットのソンツェン・ガンポ王によって、2つ目の堂は時を超え1968年3代国王妃アシ・ケサンによって同じ様式を用いて建立されました。

⑤ キラ・ゴンバ(Kila Goemba / キラ僧院)
 精神的な遂行や、学問、祈祷、瞑想を通して平穏な世界を導くために、尼僧たちが自らの人生を捧げている寺院です。チェレ・ラ(峠)までの山道の途中に位置し、岩山に据えられています。チェレ・ラからキラ・ゲンバを目指すのであれば、壮大な森林の風景を目にしながら徒歩で約1時間です。

⑥ 農家見学
 多くの古風な農家がパロ谷を美しく映し出しています。ブータンの農家は大変色彩豊かに装飾され、一つの釘も使わずに伝統様式を用いて建てられています。全ての農家は同様の建築様式となっています。農家見学は現地の生活を知る最も身近な手段で、ブータン人のシンプルで家族を思いやるあたたかい生活を垣間見ることができるでしょう。また見学だけではなく、農家に滞在体験もできます。

⑦ タクツァン・ラカン(Taktshang Lhakhang / タクツァン僧院)
タクツァン僧院  初めてブータンを訪れる観光客が必ず訪問すると言っても過言ではない名所の1つです。ブータン人にとっても有名で由緒ある僧院の1つで、人生において一度は訪れるべきとブータンでは考えられています。
 8世紀に高僧グル・リンポチェが虎の背に乗ってこの地に着き、瞑想をしたことが始まりと言われています。そのためこの地は「タイガー・ネスト(虎の寝ぐら)」と呼ばれています。神聖な場所とされ、1964年にはシャブドゥン・ンガワン・ナムゲルがこの地を訪れています。
 1998年4月19日の火災によってほぼ全焼となり、現在の建物は修復されたものです。また、その火災で建物は全焼だとされましたが、グル・リンポチェの像が安置されている部屋だけは被害を受けなかったと言います。そのため人々は、それは奇跡だったという反面、やはり何かしらの目に見えない偉大な力がタクツアァン僧院を覆っていると確信したということです。

 パロ谷からは標高900mの場所に位置し、500mの絶壁に建立されています。片道3~4時間の道のりで、途中にレストハウスがあり、そこで休憩をします。レストハウスから望むタクツァン僧院は、「なぜあんな場所に建てたのか」「どうやって建てたのか」「本当にあそこまで行けるのか」と疑問を誘い、そしてその壮大さと威厳さに感動し、タクツァン僧院に着いたときの動は格別なものとなるでしょう。また、グル・リンポチェが瞑想したという洞穴も見ることができます。
  500mの絶壁にそびえ立つタクツァン僧院

 

◆◆◆ 旅 の ア ド バ イ ス ◆◆◆
 タクツァン僧院までのトレッキングは、普段山登りをされている方でも標高が高いだけに、人によっては息が切れやすいトレッキングとなる場合があります。ガイドがしっかりと状況をうかがいながらリードしますが、疲れを感じやすい場合は、十分な休憩をとりながら登る、または無理をせず途中で下山する、など体調に合わせたトレッキングをしましょう。タクツァン僧院まで登らなくても、レストハウスからでも壮大な僧院を見ることができ、また駐車場付近の山の麓からでも遠くに見ることもできます。

 

観光地一覧へ   次の観光地へ  

▲ このページの先頭に戻る