ブータンの現地旅行会社【 ドゥルック・サクラ・ツアーズ 】です。
日本人スタッフが対応いたします。どうぞ日本語でお問い合わせ下さい。

1.高山病とは   2.症状   3.予防策   4.対処法   5.ブータンでは

1. 高山病とは…

 高地に順化していない人が、概ね2,500m以上の高所に数時間で登った場合、血中の酸素濃度の低下が原因となって現れる症状のことです。

 

2. 症状は…

 主な症状は、頭痛、めまい、吐き気、嘔吐、食欲低下、睡眠障害などです。これらの症状は体力差、年齢、性別に関係がなく、人によって症状の出かたや度合いは様々です。また重症の場合は、強い頭痛や呼吸困難、肺水腫、脳浮腫などを引き起こし、緊急の集中治療を要し、最悪死に至る場合もあります。

 

3. 高山病にならないために…

高山病にかかりにくくする予防策として下記のことに留意しましょう。

 

4. もし高山病になったら…

 一般的には、症状は1日後から数日後には自然に解消されると言われています。安静、保温、酸素吸入でも改善しない場合は、一刻も早く標高を下げ、下山をしましょう。重症の場合は速やかに下山し、医療機関で集中治療が必要となります。

 

5. ブータンでの高山病は…

 標高2,200mのパロ空港に到着するお客様は、1,2日かけて自然とその環境に慣れていくため、急に高山病になるということは、ほとんどありません。ご気分が悪い、いつもと体調が違う、というお客様は遠慮せずにガイドにお申しつけ下さい。また、タクツァン僧院までのトレッキングは、ブータン到着日または出発日を避けて旅程を組んでいます。  

▲ このページの先頭に戻る